• ホーム
  • 育毛剤の間違った使用方法

育毛剤の間違った使用方法

男性の髪と頭皮

育毛剤は正しい方法で使用しても、効果を実感するまでに最低1ヶ月はかかると考えておきましょう。
一般的には3ヶ月~半年くらいで実感できることが多いですが、間違った使用方法では永遠に効果は得られません。
正しい使用法は、清潔な頭皮に塗布してマッサージをする方法です。
すべての育毛剤に共通する使用方法であり、この方法で効果が出なければ育毛剤が合わないのです。
頭皮を清潔にするためにはシャンプーが必要なので、毎日1回は洗髪をしてください。
おすすめのシャンプーとしてはケトコナゾールが配合されているものにしましょう。
ケトコナゾールは抜け毛予防の効果があるので、ケトコナゾールで髪を育てるようにしましょう。
日本人は皮脂量が多いため、欧米人よりも多くの洗髪が必要になるのです。
数日に1回だと皮脂が溜まってベトベトになってしまうので、1日1回を基本に洗髪するといいでしょう。
2回までは特に問題ありませんが、あまりに増やしすぎると皮脂を過剰に除去し、バリア機能を下げる原因になるので注意してください。
何事も適度が大切であり、度を超えた対策は逆効果になるものです。
洗髪したあとは頭皮・髪を乾燥させてから育毛剤を使用してください。
乾燥させない状態で使用する方がいますが、これは間違った方法です。
水分と一緒に液剤が流れてしまい、首元まで落ちていきます。
何より育毛剤が薄まってしまうので、効果も激減してしまうでしょう。
必ずドライヤーで乾燥をさせてから、育毛剤を使用するようにしてください。
完全に乾燥させる必要はありませんが、8割程度は乾燥させてください。
少し湿気が残っている程度なら特に問題ありません。
育毛剤を塗布したあとは、頭皮マッサージをして血行を促進させます。
マッサージをすることで吸収力が向上しますし、頭皮の温度も上がるのです。
血流が促進されて頭皮がやわらかくなり、育毛環境が整っていくのです。

サイト内検索